2009年11月11日水曜日

【車載動画】091107_旅は山あり谷あり

那須高原のボルケーノハイウェイが先日から無料化されたのをご存知でしょうか?
友人に教えてもらって初めて知った僕は、ボルケーノハイウェイから会津に抜けて、最終的には田子倉湖に至り、新潟経由で帰ってくるルートで行ってきました。

今回は色々と盛りだくさんな内容なので、編集に時間がかかりました汗
動画の時間も10分近くになってしまいましたので、気長にご覧いただければ幸いです。



さて後日談も含めた顛末はmoreより苦笑

動画を見た方はご存知かと思われますが、林道ですっころんでしまいました汗
コカしたのはバイクだけで、人間の方は右足膝に小さな青タンつくった(すぐ治った)のと、マックスフリッツのパンツがエキパイに触れて焼けただけで済みました・・・
バイクのダメージ箇所は下記の通りです。

フレームパックとウィンドディフレクターは立ちゴケしても傷が付きますが・・・
ダメージ箇所
今回フライスクリーンとトールウィンドスクリーンの傷が痛い!
フライスクリーン&トールスクリーンに傷

新潟の小出ICから、自走して帰ってくる分には支障が無かったのですが、念のため次の日にバイク屋にいきました。いつもお世話になっているYOYOさんですね。
で、よく見てもらったところフロントフォークにほんの少しヨレがあるのと、ハンドルが少し曲がっているかもとのことでした。フロントフォーク自体はすぐに前輪外して応急処置的に中心出しをしてもらいました。フロント全部バラしてきちんと調整するのは次回ということで。ハンドルはとりあえずそんなにお金も無いので現状はそのまま使ってます。
コレを機会にハンドルをカスタムしちゃうのもいいかなとか思い始めてます。
カメラ積むようにもう少しパイプ径の大きいハンドルがいいなーとか。
コケた原因は勿論ライディング技術の低さですが、もっと具体的に言うとパニアケース積んだことによるバランスの差異を軽視してたことでしょうか。
パニアケース積んだことで後ろの荷重がかけやすくなりました。これは舗装路のコーナーなんかで実感しました。後ろが踏ん張るカンジがします。
一方それはオフロードにとっては足場の悪いところでバランスを崩すと、立て直しが効き辛くなるのかも知れません。ちょっとバランス崩した時、立て直しが全然効かず倒れてしまいました・・・
とまあ書くとなんてことはないのですが、実際ユリでオフロードは辞めた方がいいというYOYOさんの見解は勿論正しいです汗 大人しく250ccのオフ車に乗って林道行けよ!ということですね。
なによりコケると財布に厳しいですね・・・さすが外車・苦笑
ということで、今回の動画は公開して敢えて恥を晒すことで悔しい気持ちを忘れないようにしました。
もうコケないぞ!無茶しないぞ!という意気込みで笑
・・・さて、ツーリング行った先での写真をいくつかアップしておきますね。

ボルケーノハイウェイの一番奥の駐車場から登山ができます。
茶臼岳雄大です。
雄大な茶臼岳
山頂近くになると雪がすでに・・・
右手は断崖絶壁で足場も悪く、風の強い日は落ちて亡くなる方もいたそうです・・・
那須岳にはすでに雪が
新しくできた道の駅・下郷。すごくキレイなところです。
原っぱがあったり、店舗も充実してるので客足が途絶えません。
新しく出来た道の駅・下郷
会津は紅葉まっさかり。
下郷は紅葉の盛り
マップルにも載っている蕎麦屋「かいなり」さん。
会津の蕎麦屋かいなり
てんぷら蕎麦食べたけど、大盛りにしたらこの量です。
食べきるの大変だったくらい。非常にコシが強くて美味しい蕎麦でした。
てんぷらそば
林道を抜けて、田子倉湖に来た時はもう夕暮れ。
田子倉ダムが湖を作っているんですね。
田子倉ダム
施設自体は既に営業終了してたっぽい。
ほとんど人がいない苦笑
田子倉湖
湖を見ながら一人反省会でしたよ・・・
田子倉湖の夕暮れ

バイクを直して、次はどこへ行こうかな?
© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall