2012年3月29日木曜日

NC700X街乗りインプレッション

こんにちは。
納車されたのですが、まだETC移植していないため高速道路を走る気分になれず、街乗りしています。

ということで街乗りならインプレッションできるかなと。
とはいえそんなに沢山バイク乗ってきたわけではないので特に気になった点をピックアップします。


  1. 極低速での挙動が穏やか
    NC700Xのエンジンは、排気量の影響もありますが1000回転付近のトルクが穏やかなので発進~極低速でどんっと前に出なくていいです。むしろちょっと開けてあげないとエンストしそうになります。1000回転付近に谷がある感じ。ですから、発進時にちょっと開け気味にしてあげてちょうど良いです。逆に谷を超えてからクラッチ繋げばどんっと前へ出ます。便利。
    BUELLなんかは極低速時にリアブレーキ引きずったり、半クラしたりの工夫をしないと常に前へ出ようとするので疲れるんですが、こいつはそのへん良く躾けられてる印象でした。
    ちなみに私スロットルワークが下手糞ですので上記あまり真に受けないようにw ヘタな理由は事故で拳割ってて右手がうまく動かないから苦笑
  2. 低重心の恩恵は大きい
    設計が良いので前述の極低速でのふらつきも皆無。風の強い湾岸地域を流しても風で煽られる感じがありません。どっしりというより地面にへばりついている感じ。ビッグオフからの乗り換えなので余計にそう感じます。
    なお低重心のせいかわかりませんが取り回しが大変軽いです。バイクしまう時バックで取り回しするんですが軽さにびっくり。楽ですね。
  3. ハンドリングは素直そのもの
    BUELLなんか乗ってれば皆そう思うかもですが、ハンドリングが素直すぎて感動します。ちょっと見ただけでそっちに曲がってくれる感じ。さすがホンダさんですね。
  4. 低速~常用域の力強さ
    これは各インプレでも言われてますが、ストレスなく加速します。というか結構速いんじゃないでしょうか。2000回転くらいからモリモリトルクが出てきて、あっという間に5000近くにいきます。したがってそんなに気負ってないのに気付いたら結構なペースになってたことがあります。ストップ&ゴーは結構得意ですね。
    たぶんこのバイクが一番楽しく感じられる特徴だと思います、このパワー感は。ちょっとBUELLっぽくていいですね。中低速ワインディングなんかは大好物なんじゃないでしょうか。今度箱根方面行って試してみようと思います。
  5. 見た目は貧相だけど効くフロントブレーキ
    不思議とちゃんと効くんですよね・・・当たり前ですけど、見た目があまりにも貧相なのでw
    勿論全開からのフルブレーキングとか限界性能試したら弱いんだろうけど、普通に走ってる分は問題全く無いですね。あと、リアも結構パワフルに効きます。しかも思ったよりロックしない。
  6. メットインが神すぎ
    メットインって初めてなんですが便利ですね。フルフェイスならちょうど入ります。オフヘルは無理っぽい。あと底部分が二層になっていて、ピンロック外して底蓋をめくると、書類入れスペースになっています。ビビったw 人によってはここにETC仕込むのもアリかと。
    コンビニに帰りに寄って買ったものをポーンと突っ込めるのは素晴らしいですね。
    ちなみにメットインの中そんなに熱くなりません。街乗りで熱気溜まっててもこの程度なので、真夏でもそこそこマシなのではと・・・
  7. 謎のポジション・・・
    見た目アルプスローダーっぽいですが、実はポジションはスポーツネイキッドかツアラーに近いです。違和感あります苦笑
    ハンドルがほんの少し遠い感じ。したがってちょっとだけ前傾になります。ステップもオフ車に比べて後ろに配置されています。停車時に足を下ろした時にステップが当たりづらいのでいいかもしれませんね。
    そんなポジションなのでオンロードでのライディング入力はしやすいです。
  8. 脚付き(173cmで全く不安ナシ)
    両足ベッタリとまで行きませんが、かかとがほんの少しだけ浮くくらいです(一番下の写真参照)
    脚付きは良好ですね。楽です。
  9. つるつるしたシート・・・
    シートはクッション性高いと思うんですが、つるつるすべります。これオフセットとかするなら丁度いいかもしれませんが、常用域ではもう少し滑らない方がいいなあ苦笑 てゆうかオフセットで走行する程リアタイヤ太くないので意味無いかw
  10. 申し訳程度のスクリーン
    スクリーン位置を少し高くできるのですが、するまでもなく申し訳程度ですね。別売りの大型スクリーンは必須と思われます。
  11. 排気音がカブw
    静かですが、そもそも音自体がショボイです苦笑 生まれて初めてマフラー変えたくなりましたw これはホンダさんの陰謀かもしれないっw
  12. 給油口微妙w
    ガソリン入れる時に噴き出しそうになるくらい入り口が浅いので注意が必要。まあこのへんはコストダウンと天秤にかけたらコスト取りますので全然いいですw 強いて言えば荷物載せてたらめんどくせーなってくらい。パニアを買えってことですね。これもホンダさんの陰謀かっw
  13. みんな知ってる低価格⇒貧乏バイクの気負いの無さw
    個人的にはここプラスポイントなのですが、バイクの所有感や高級感を重視する人はマイナスかもですねw なんせ低価格バイクなので気負いが無くてほんとに楽です。
    今はまだ台数も少なくてバイク乗りの皆さんに凝視されますが、弾数増えてくれば見向きもされなくなるでしょう。そうすると気負いがもっと無くなって本当に自分の体の一部のような気分になれるかも。
    バイク=道具の考え方なのでこの点は結構大事ですね。満足です。
とまあこんな感じです。
総括すると、街乗りでの不安要素はほぼありません。快適に走れますし曲がれますし止まれます。
メットインは威力絶大。間違いなくもうタンクバッグ使わないと思います(元々地図を走りながら見ないので)
車線変更、追い越しなんかは得意の常用域トルクを存分に発揮してスイスイ行けますし、ストップ&ゴーもモッサリ感ありません。F800GSの方がホイールがアレなのでモッサリ感強かったです。

現状一番の不満は本当に排気音ですねw まさにビッグカブですw もうこいつのあだ名「ビッグカブ」でいいやってくらい。

脚付きも良好です!

© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall