2012年4月5日木曜日

NC700X高速道路インプレッション

昨日ETC装着後初めて試走してきました。
高速道路でパワー不足あるかなあ?と思ったけどそんなことも無かったです。


  1. 制限速度内での加速や伸びに不満なし
    スロットルはあんまり開けなくても巡航に支障はありません。6速3000回転で時速100kmくらいです。
    排気量が排気量ですので、プラスアルファ出そうとするとスロットルを大きく開ける必要がありそうですね。まあ常用域で追い越しなどで「えーん加速しないよー」って泣いたりすることは無いと言えます。
  2. 純正スクリーンは完全におまけ
    ネイキッドですねこれ苦笑 オプションが恋しいですw
  3. サス思ったより硬かった
    ひっさびさのオンロードモデルなので道路のギャップをガツンと拾って最初びっくりしました。
    F800GSがいかにショックを吸収してたかを思い知りますw でも硬めの方がオンロードは結局走りやすいですよね。ボヨンボヨンしないし。
  4. 高速域でもハンドリングは素直
    よく出来ているなあって言うかBUELLとか曲げないと曲がらないバイク乗ってた自分としては感動すら覚えます。「あ、そんな入力に気をつかなくても僕曲がりますんで!」って自分から曲がってくれます。むしろ過剰入力して邪魔しちゃった事がありました苦笑
  5. 横風に思ったより強い
    F800GSが弱すぎるだけかも苦笑 低重心効いていると思うんですよね。BUELLも結構風に強かったですね。

総じてストレス無く走れますので、より身の丈に合った感が強まりました。
はやく慣らしを終えてバイクとの一体感を追求してみたいです(峠攻めるとかではなくw)
先日アップした街乗りインプレッションも併せてどうぞ。

街乗りインプレッションはこちら

NC700Xはオートバイに高級感・所有感・ステータスを求める趣向と対局にある、まさに「道具」としてよく出来ていると思います。各部のパーツの安っぽさや見た目の悪さ(個人主観による)とか気にしない人なら本当にオススメできますね。
多少の欠点も値段の安さで納得できますし、運転してて楽しめるようなトルク重視の特性は本当にいい感じ。とはいえ暴力的加速とかでもなく、ハンドリングが素直なので気がつくと結構速いペースで走れちゃってる感じです。精神的な余裕のマージンが広がるので安全に走行しやすいという利点もあるように感じます。

外車やSSに無理を強いられているなあって思っているライダーさんは一度試乗してみるといいかもですね。でもスペックパワーマンセーな人は幸せにはなれないかもw
© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall