2015年10月31日土曜日

モトグッツィV7レーサーに乗り換えました。

掲題のとおりです。
嫁さんに頼みに頼み込んで、最低10年は乗れ!という叱咤激励をいただきながら乗り換えと相成りました。

R25、250ccながら非常によく出来たバイクだと思います。
でもV7レーサーに乗って気付きました。自分は完成されたバイクではなくて、癖のあるオートバイに乗りたかったんだと。

今回は長く乗ることを想定していますので、見た目も存分にこだわっています。
メッキタンクでド派手なルックスは街を走ってても注目されます。
問答無用でカッコイイというのは実に明快な魅力になるんですね。

何よりエンジンが面白くて仕方ないです。
もはや生き物です。コールドスタート時の始動性とか、ミッションの渋さとか色々含めて生き物感に溢れています。鼓動感は言わずもがな。空冷OHVニ気筒の心地よさったら無いです。
ゆっくり走ってドロドロと楽しいオートバイってやはりいいですね。

カスタムはいまんところあまり考えていません。
ミラーがちょっと駐車場の問題で擦れちゃいそうなので、少し小さくするかもしれませんが。

末永く…と書いていいんだよなw 末永く楽しみたいと思います。

問答無用でかっこいいですw

© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall