2010年3月15日月曜日

OGKのFF-R3を買ってみた。

ずっとアライのメットばかり被ってきたので他社製品はよく分かっていませんでした。
今のアライのメット(確かアストロTrだったか)はもう5年近く使用しているので内装もボロボロになっていました。割とよく洗濯するのも原因だったのかも。

アライのメットって値段が結構高いので「もうちょっと安いの無いかなあ」って探していたんです。
最初はSNELL規格で探していたんですが、スコーピオンやHJCなど試着しても何となくフィット感が悪くて。

で、SG規格でもいいかと。メット安くあげた分、プロテクターとかにお金掛けようと。

色々被ってみて、割と良かったのがOGKのFF-R3でした。

FF-R3ブラック

試着後、楽天なんかで検索すると一万円ちょっとで購入出来る店もあって思わずぽちっと笑
そんでもって昨日届いてました。

ということで、今日使ってみたのでとりあえずレビューを。
比較しているのはアライのアストロTrのみですので参考になるかどうか微妙ですが苦笑

【良いところ】
──────────────────────────
1.価格が安い!
とにかく安い。一万ちょっとで買えるのはありがたい。

2.内装取り外し&洗濯が可能。
これは決め手のひとつでした。

3.メガネスリットがある。
割と大振りのセルフレームを使っているのですが、それでも余裕でメガネ着用できます。
これは試着の際にポイントが大きかったです。

4.アライよりディフェーザーなどのボタンが大きい。
グローブしてても使い易いです。アライのは特におでこ部分の弁のボタンが小さくてやりづらかったので。

5.思ったより軽い。
帽体の強度なんかも関係あるかもですが、結構軽いです。アライのよりちょっと軽いかも?

6.やけに涼しい。
空気の流れはアライよりも良いみたい、というかメガネスリットがあるので耳の後ろの方まで空気が通ります。
夏場は良いかもしれませんね。同時に音もよく聞こえます。顎の横部分の金属メッシュの通気孔も効果あるのかも。なお雨などは当たり前ですが入ってきません(今日帰り降られたので図らずも証明・・・)

7.ワンタッチで着け外しができる顎紐。
ボタンプッシュでぽんと外せるのは非常に便利。これで事故った時にメットがぶっ飛ばなければ合格ですね。勿論試す気にはなりません。

8.シールドの取替が容易。
これはアライに比べてシールドがたわみにくい&ダメージが出にくい設計です。
人によって、アライのメットのシールドの爪部分を折ってしまうとかあるようなので、その点ではこちらの交換システムの方が優秀かなと。
──────────────────────────

【微妙なところ】
──────────────────────────
1.内装の肌触りがアライよりざらつく。
アライの内装はかなりきめ細かい繊維ですが、それに比べると若干ざらつく印象。
かぶっているときより、メットの着脱の際に頬に当たる布地がカタイかなと。まあ値段もあれなんで仕方無いかな。

2.涼しいというか・・・冬は寒いかも?あと風切り音よく聞こえる・・・
利点でもあり、欠点でもあるってことで。
メガネスリットのせいで耳の後ろの方に空気が通るので、耳がアライのメットより涼しいです・・・
それに音がよく聞こえる分、風切り音もよく聞こえます。これは慣れの範疇かなと。今日だけでもう慣れました。

3.オプションパーツ(内装など)が実店舗になかなか置いてない。
通販で解決できますが、ナップスなんかでは内装パーツとか店頭販売していないので取り寄せて貰う必要がありますね。僕はあまり気になりませんが。
──────────────────────────

といったかんじ。
個人的に、欠点で最大なのは耳の後ろの寒さかなあ・・・いつもはユニクロのヒートテックタートルを着てるんですが今日は着ていなかったこともあって余計に寒かったです。

とはいえ、全体的にはかなりお買い得な気分です。タンデム用にもう一つ買ってもいいかもなあって思うくらい。
取り急ぎステッカーとかちょこちょこ貼って楽しみたいと思います。

© Nob's motorcycle diaries
Maira Gall